生徒に良い行動を課す方法

人々のトレーニングに関しては、達成するのが最も難しいタスクの1つは、生徒に良い行動を課すことです。通常、トレーナーは、生徒が特定の行動やマニエリスムに慣れているため、クラスや学校でそれに応じて行動する方法を生徒に教えるのは難しいと感じています。

しかし、生徒を訓練することは完全に不可能ではありません。なぜなら、忍耐と献身によって、特に海洋学校では、生徒はすぐに立派な態度の重要性を理解するからです。興味のある方は、ここに私たちがあなたと共有できるいくつかのヒントがあります!

彼らがどこから来ているのかを学ぶ 

一人一人が今日の自分を形作ったトラウマと経験を持っています。態度が難しい生徒に出会った場合は、問題の原因を学ぶことで連絡を取り始めることができます。 

問題の根本を理解するために、学生またはその周りの人々と話すことによってこれを行うことができます。そうは言っても、彼らがあなたへの信頼を失う可能性のある侵襲的な手段に頼らないでください。 

微妙で理解していることを忘れないでください、そして彼らが物語の彼らの側を共有するのに十分快適になるのを待ってください。 

コミュニケーションを忘れないでください 

学生を訓練しているとき、忘れてはならないことの1つは、彼らとオープンなコミュニケーションをとることです。簡単な話し合いでも正式な話し合いでも、生徒とのコミュニケーションが良好であれば、トレーニング中の態度や見通しを改善できます。  

これを行うには、昼食時に彼らと一緒に座ったり、教室の外でありふれたことについて話し合う非公式の会話をしたりすることができます。しかし、それはあなたが教師としてのあなたの権威を主張しないという意味ではありません。 

彼らが教師と生徒の境界を明確にしていることを確認してください。そうすれば、彼らとの絆を築くことができます。 

同僚にサポートとアドバイスを求める 

ほとんどのインストラクターは、生徒の行動を処理する方法を知るために、仲間の教師の助けを必要としています。問題が発生している場合でも、単に生徒をトレーニングする方法を知りたい場合でも、いつでも同僚に最善のアプローチについて尋ねることができます。 

常に落ち着い 

て学生と接することになると、あなたができる最善のことの1つは、常に落ち着いておくことです。生徒に攻撃的な行動を見せないでください。生徒はこれをあなたに開かない理由として解釈する可能性があります。 

ストレスの多い状況にある場合でも、クラス内で失礼な行動を示しても大丈夫だと生徒が考えている可能性があるため、失礼であることを生徒に見せないようにしてください。 

思いやりを 

示すどんなにストレスの多い状況であっても、常に生徒に思いやりを示すようにする必要があります。共感する方法を学びましょう。それは、良い生徒になり、クラスで適切な態度を実践する方法を学ぶための最良の方法の1つだからです。

コメントする